読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#! /bin/blog

実行形式のブログです。というか、ほぼポエムです。

DDTでD言語を書こう

D言語IDEは、まだまだ発展途上と聞いていたけど、
ないよりは、ましだと思って、DDTを使うことした。

1. DMDをインストールする。

Macの場合は、http://dlang.org/から、dmgをDLして入れるがよろし。

brew install dmd


このように、Homebrewからインストールしたいところだが、DDTのビルドが通らないので素直にdmgからインストールすることを勧める。

2. DUBをインストールする。

DUBは、JavascriptのGruntのようなツールで、ビルドやライブラリの管理をしてくれる便利なやつ。

brew install dub

3. Eclipse Keplerをインストールする。

DDTは、EclipseのPlug-inなので。

4. DDTプラグインEclipseにインストールする。

https://code.google.com/p/ddt/に記載されているとおり、Update Sitsで入れる。

5. Eclipseコンパイラを設定する。

`Compiler system Library`に、`druntime`と`phobos`のソースを追加しないと、Ctrl+Spaceがうまく動かない・・このっ!!

f:id:ryu-htn:20140513020938p:plain

6. EclipseにDUBのパスを設定する。

f:id:ryu-htn:20140513021030p:plain

7. プロジェクトを作成する。

Dubプロジェクトを選択して作成する。
f:id:ryu-htn:20140513021334p:plain

8. app.dファイルを作成して、Helloしてみる。

普通にファイルを作成する。

f:id:ryu-htn:20140513021726p:plain

ソースは、これだけ。一見、Javaっぽいね。

import std.stdio;

void main()
{
    writeln("Hello, world without explicit compilations!");
}

Ctrl+Spaceも効いてるようだ。
f:id:ryu-htn:20140513033919p:plain

F3もOK。
f:id:ryu-htn:20140513034040p:plain

8. 実行してみる。

`Run As > D Application`で実行。
f:id:ryu-htn:20140513034123p:plain

コンソールにHelloされたっ
f:id:ryu-htn:20140513034308p:plain

9. よくわからないけど、Debuggingもできるようだ。
f:id:ryu-htn:20140513033914p:plain

まとめ

これだけできれば、もう困ることないな。

広告を非表示にする