読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#! /bin/blog

実行形式のブログです。というか、ほぼポエムです。

UPnPの参考書を読んでみた

UPnP(Universal Plug and Play)は、簡単にいうと、USB機器のPlug and Playのように、
バイスをネットワークに接続するだけで、オートマティックに認識や設定をしたり、
バイス同士が制御しあうための汎用的なAPIを提供する
主に、AV機器のホームネットワークの基盤になっている通信プロトコル

ネットにつながる家電製品が増えてきているので、重要になってくると思われる。

日本語の技術書が少なく、amazonで、検索すると、以下の2冊が出て来る。
とりあえず、2冊ともBuyした。(また、無駄なことに、お金を費やしちゃったかな..と思いつつ)

UPnP入門

UPnP入門

UPnP入門」は、誤字があるものの許容範囲内。完全に、デベロッパー寄り。
よくまとめられていて、わかりやすかった。良書だと思う。

1章目で、いきなり、TCP/IPとかネットワークの基礎説明が始まってるけど、
知ってるので、さらっと流し読み。

ここで、心が折れちゃうなら、まず「小悪魔女子大生のサーバエンジニア日記」を読んだらいいと思う。

3章、4章は、サンプルコードなので、さらっと流して、結局、重要なのは、2章と5章だけ。
そんなに分量はないし、ちょいちょい差し込まれる余談に救われながら、一日で読破できた。

SIP/UPnP情報家電プロトコル

SIP/UPnP情報家電プロトコル

SIP/UPnP情報家電プロトコル」は、自分にとっては、ざっくりしすぎてた。

広告を非表示にする